読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300と数十日の食卓

食べること,本を読むこと,音楽をめぐる時間

1冊目『鎌倉OXYMORONのスパイスカレー』

[01]『鎌倉OXYMORONのスパイスカレー』より「エスニックそぼろカレー」

村上愛子 著、株)マイナビ 発行(2015年8月20日初版 第3刷*1 写真 安彦幸枝、スタイリング 平真実、村上愛子、編集 脇洋子

 カレー 31品  

   おともやごはん 16品  

   甘いものと飲み物 13品

市販のルーではなく、全てスパイスを組み合わせて作る料理。3つのスパイス、クミン、コリアンダーターメリックから始まり、どんどんスパイスの種類は増えていくけれど、作りたいカレーがあるなら、それにあわせて揃えれば良い。

エスニックそぼろカレー (p.20~)

OXYMORONの代名詞ともいえるカレーのおうち版が簡単に作れる。

手に入りにくいものとしては、コブミカンの葉だが、乾燥したものが瓶入りで売られているので、タイ風グリーンカレーにも活用できることだし、買うことをお勧めする。パクチーが無い場合は他のフレッシュハーブ、例えば芹、クレソン、茗荷等お好みのものをたっぷりと。

初めて作ったときには、数種類の生のハーブを混ぜてわしわし食べること、ナッツ類のかりっとした食感にエスニックな味つけがぴったりで、わーなんだこれ!と驚かされた。それ以来何度作ったことか。

簡単に盛り付けられるのに、普段のおうちご飯と違う少しよそいきの雰囲気を出せたり、余ったそぼろは、冷や奴の上にのせたり、素麺と和えたりと、いろいろ使えるレシピ。エスニックそぼろカレー

 

鎌倉OXYMORONのスパイスカレー

鎌倉OXYMORONのスパイスカレー

 

*1:2016年2月時点)