読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300と数十日の食卓

食べること,本を読むこと,音楽をめぐる時間

3冊目『ケンタロウのいえ中華』より豚ニラ炒めなど

[3-3]『ケンタロウのいえ中華』より3回目「中華定番味で豚ニラ炒め」(p.22~)、「基本のバンバンジー」(p.63~)、「トマトチャイニーズサラダ」(p.79)

ケンタロウ 著、講談社発行、スタイリング 肱岡香子、写真 白根正治、編集 安武晶子 2002年5月15日発行 

本日はU.KのEU離脱という衝撃的なニュースが届き、2年未満とはいえ多感な時期をイギリスで暮らした身として、あの国の行く末に、これからの世界の流れに漠然とした思いを馳せる。ネット経由でBBCラジオから流れる現地の声を聴きつつ、日本の今おいしいものを。夏はトマトやニラが生き生きしていて、どうしても食べたくなる。炒めものの他に胡麻風味の定番みんな大好きな冷菜バンバンジーとさっぱり箸休めの一品を。

「中華定番味で豚ニラ炒め」(p.22~)

ニンニク、ショウガにオイスターソースと豆板醤という本書の定番調味料で、ちゃっちゃと作れるがっつり中華の定番食。こしょうをたっぷりきかせるのもポイント。

「基本のバンバンジー」(p.63~)

日本に住んでるんだから、芝麻醤をわざわざ買わなくとも、自宅にあるなら練り胡麻を使えばいいじゃんというケンタロウならではのレシピ。作り方通りに鶏のささみを火入れするとパサツくような気がしたので、もやしをゆでた後のお湯にささみを入れ、再沸騰した時点で火を止めてのんびり熱を通す。もやし、きゅうりにささみがたっぷり食べられるこちらも中華といえばこれ!という冷菜の定番。下拵えした具材があまったら、翌日のサラダの具材にすれば良いから作る量はおおらかに。

「トマトチャイニーズサラダ」(p.79)

この季節に美味しいトマトを、普段とひと味違った中華風に味付けして食べる。角切りにしたトマトを香菜とショウガに、ごま油その他の調味料に和えるだけ。きりっと冷やして食べるとむふっとなるくらいに美味しい。

 f:id:mutsuki:201606j:plain

料理日記