読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300と数十日の食卓

食べること,本を読むこと,音楽をめぐる時間

10冊目『落合務のパーフェクトレシピ』より野菜とごまのアーリオ・オーリオ

[10-1]『落合務のパーフェクトレシピ』より初回は野菜とごまのアーリオ・オーリオ(p.20~)

落合務著、株)講談社発行、 撮影 青砥茂樹、スタイリング 千葉美枝子、企画・構成 白江亜古  2014年10月9日第1版発行 2015年3月6日第5刷発行

毎月最終週は男性が記した料理本を再現してきたが、今回は料理研究家ではなくスターシェフ落合さんの『落合務のパーフェクトレシピ』を紹介する。イタリア料理は片岡護シェフの本より学び始めたが、落合シェフの著作もかねてより愛用させて頂いている。

前書きで「「腕」とは何かといえば、「経験」、「知識(=理屈)」、「技術」、この3つです。「経験」と「技術」、これはもう実践あるのみ。(中略)そこに「知識=理屈」が加わるかどうかで、料理の上達はまったく違ってくる」と記されており、この「知識=理屈」を知り、料理がうまく作れるようになるために厳選されたレシピが掲載されている。すべてがプロレス写真とともに丁寧に記されているので初心者にも安心して使える一冊。

調理時間:茹でるスパゲティの種類によるがおおむね15分以内

材料:野菜はなんでも良いが、本書に掲載されているものに出来るだけ近いものを用意した。

f:id:mutsuki:201608vspm

出来上がった料理:ごまの入ったスパゲティの味がうまく想像できなかったが、一口食べてみて、あまりに美味しくて驚く。すりごまを使っているためそこまで味の主張はないものの、後味にそこはかとなく残る風味が、茹でたり生であえた野菜、ニンニクオイルで和えたスパゲティと絶妙にあう。温かいパスタが主材で野菜もたっぷりとれてお腹持ちもよいし、オイル系は難しいと身構えている人にとっても、間違いなく美味しくできるレシピ。ニンニクの香りを移したオイルを使うが、ニンニク自体は途中で抜くので、例えば休日のブランチに大切な人と食べるのも似合いそうな一品。

f:id:mutsuki:201608vsp

スパゲティは手早く作れて、(ある程度)どんな材料を入れても美味しく出来るので以前はよく作っていたが、最近は有元先生の挽き肉料理の本を再現した際にミートソースを作ったくらい。久しぶりの波にのって本書からはパスタ料理を中心に肉料理、初のデザートも再現しようかと算段中。

明日は8月最後の週末。虫の鳴き声が聴こえ始め月下では秋の気配が濃くなってきたが、まだまだビールが美味しい気温。暦の上では秋であろうとも、もう少しの間、夏を楽しめますように。

 <料理日記>