読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300と数十日の食卓

食べること,本を読むこと,音楽をめぐる時間

12冊目『生きるための料理』他よりかぼちゃとりんごのサラダなど

[12-5]『生きるための料理』1、『腸がよろこぶ料理』2より5回めはかぼちゃとりんごのサラダなど(生p.32~)

1.たなかれいこ著、株)リトルモア発行、 撮影 長野陽一、デザイン 岩渕恵子、編集 赤澤かおり、熊谷新子 2014年12月28日第1版発行 2015年3月7日第3刷発行

2.たなかれいこ著、株)リトルモア発行、 撮影 長野陽一、デザイン 岩渕恵子、編集 赤澤かおり、熊谷新子 2016年7月15日第1版発行

調理時間:2口コンロで4品作って20分くらい

主な材料:画像の他にイタリアンパセリ、アップルヴィネガー、ピーナッツペースト、かつお節、醤油、オリーヴオイル等が必要

f:id:mutsuki:201609pasm

出来上がった料理:(左上から時計回りで)ちりめんおかか(腸p.40~)、里芋の蒸し煮、ピーナッツ和え(腸p.44)、かぼちゃとりんごのサラダ(腸p.74~)、お味噌汁

f:id:mutsuki:201609pas

ご飯のおとものちりめんおかかは、そのままでも美味しいちりめんじゃこをオリーヴオイルで炒めてかつお節粉と醤油を絡ませるので、とっても美味しい副菜で冷蔵庫にあれば安心の保存食でもある。この季節の走りの里芋を蒸し煮にして、醤油で溶いたピーナッツペーストを絡めるのも、滋味深くてほっくり口が喜ぶ品。かぼちゃとりんごのサラダは、かぼちゃに火が入りすぎて煮くずれたが、りんごと生の玉ねぎのしゃくしゃくした食感とかぼちゃの甘みがアップルヴィネガーで程よく引き締まり、わぁこれは美味しいと唸るお味。指定されている麻の実ナッツ(ヘンプシード)を見つけられなかったので代わりに白炒りごまを使ったので、完全に再現は出来なかったけれども、十分に美味。多めに作ってけばサンドイッチの具材にも活躍するサラダ。

台風による風がひゅーうと吹きすさび、雨がしとしと降る火曜日。いつものようにradikoでFMを聴いていたら頭にグルグル回る曲特集をしていたが、個人的には今夏はAi No Corrida/Quincy Jonesが脳内でリピートされていた率が高かった。かつて通っていたliveイヴェントでサビの部分がよくかかっていたのだけれども、友だちに確認しても誰がかけていたのか判明せずにもやもやしていて余計にグルグル。あれは一体誰だったっけ。うーん。


Ai No Corrida - QUINCY JONES '1981

 <料理日記>