読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300と数十日の食卓

食べること,本を読むこと,音楽をめぐる時間

22冊目『韓国温めごはん』より5回めは豆腐の照り焼きと野菜のビビンパ

[22-5]『韓国温めごはん』より5回めは豆腐の照り焼きと野菜のビビンパ(p.70~)

青山有紀著、大和書房発行、 撮影 神林環、ブックデザイン 草野リカ、 2011年12月30日第1版発行 

寒いものの、雪は降らなかった東京の月曜日。生の野菜をたくさん食べられるビビンパを作る。

調理時間:15分以内

主な材料:木綿豆腐、紫玉ねぎ、クレソン、アボカド、キムチ、韓国海苔、きび砂糖、しょう油、ニンニク、おろし生姜など

調理の流れ:水気を切った豆腐を崩しながら炒め、調味料を加え汁気が無くなるまで炒める。ごはんの上に、炒めた豆腐、野菜、キムチ、韓国海苔をのせる。

出来上がった料理:お肉代わりのお豆腐で大豆たんぱく質が摂れるビビンパ。ごはん、生野菜、キムチに韓国海苔と炒めた豆腐をぐぅわしぐぅわし混ぜながらスッカラ(韓国の匙)で食べると、少し落ちていた食欲が嘘のように復活したくらいの美味しさ。コチュジャンなどの味噌は使わないが、アボカド、キムチのこってり加減と甘辛く炒めた豆腐、野菜のあっさりした味が程よいバランスを保っていて、次回は誰かのために作り一緒に食べたくなるお味。いろいろなナムルを作るところから始めるビビンパのレシピが多いなか、入手しやすく、切る作業も楽な野菜を使って生でたくさん食べられる優れたレシピ。

f:id:mutsuki:20170116

ビビンパといえばスープを共に食すもの。同じページに掲載されているメンタイ(スケトウダラの皮を干したもの)を使ったスープを作りたかったのだけれど、手に入らなかったので本日はインスタントのわかめスープで手軽に済ませる。

風邪がどこまでよくなっているのかわからないが、一週間ぶりにお酒を飲みたくなったので、(声はまだおかしいものの)ようやく復調できそうだ。

新春はgreen dayが昨年10月に出した新譜"revolution radio"ばかり聴いている。現在行っている世界ツアーの日程を思わずチェックしてしまった程に生で聴きたくなる音がつまっている最高にご機嫌なアルバム。


Green Day - Still Breathing (Official Music Video)

 <ごはん日記>