読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300と数十日の食卓

食べること,本を読むこと,音楽をめぐる時間

24冊目『毎日食べたくなる絶品鍋』より4回めは香りしゃぶしゃぶ

[24-4]『毎日食べたくなる絶品鍋』より4回めは香りしゃぶしゃぶ(p.36~)

  大庭英子著、 成美堂出版発行、 撮影 石井宏明、ブックデザイン 若山嘉代子 若山美樹、スタイリング 綾部恵美子、 2015年11月20日第1版発行

京都で今年の初雪をみて、東京に戻ると明日は雪と聞いて驚いた水曜は牛肉を使った鍋を再現。

調理時間: 10分以内

主な材料:しゃぶしゃぶ用牛肉、クレソン、せり、豆苗、貝割れ菜、長ネギ、しょうが、出汁、酒など

調理の流れ:出汁と薄切りしょうがを入れた鍋を火にかけ、煮立ったら、肉、野菜を入れ、タレにつけて食す。

出来上がった料理:「第2章 たれで食べる鍋」から身体が大きい分、独特のにおいや旨味のある牛肉を、手軽に美味しく食べられるしゃぶしゃぶを再現した。ほとんどが柔らかくて切りやすい、そして火が通りやすい葉野菜なので下準備も簡単。火もあっという間に通り、クレソンの苦味、せりの香り、豆苗の歯ごたえなどそれぞれの素材の持ち味を口に入れるごとに楽しめる取り合わせになっている。色を緑に統一することで見た目もすっきりし、温かい葉野菜をたっぷり食べられるしゃぶしゃぶだ。レシピにある材料が揃わなければ、水菜、春菊、薄切りにしたみょうがを入れても美味しそうだ。

f:id:mutsuki:201702ksn

東京と比べるとぐぅんと身近な牛肉を京都で求めて帰る。スーパーを数軒見て回ったが牛肉だけでなくて、野菜が手頃でいきいきと見えるのは身内の贔屓目か。

今回の帰省では道民の友人と昼から飲んでいた初日以外、酒量はおさえ気味で過ごす事が出来た。アルコールを節制した分、帰宅後は夜更けまで部屋に積んである本を読んで過ごせたのだが、ページをめくった後のある、つまり一度は読んでいるカーリン・イェルハルドセン著のショーベリー警視のシリーズものが、プロットが壮大でうならされる。2015年6月以降日本語訳が出版されていないが 8作目のシリーズ最終まで無事に発売されますように。

お菓子の家 (創元推理文庫)

お菓子の家 (創元推理文庫)

 

 <ごはん日記>