読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300と数十日の食卓

食べること,本を読むこと,音楽をめぐる時間

25冊目『終電ごはん』、『今夜も終電ごはん』から7回めは豆乳湯豆腐

料理本 レシピ再現

[25-7]『今夜も終電ごはん』より7回は豆乳湯豆腐(p.36~)

  梅津有希子、高谷亜由著、株)幻冬社発行、 撮影 新居明子、スタイリング 西崎弥沙、イラスト 松元まり子、  2017年1月10日第1版発行

まだ少し空気が冷たい水曜日は湯豆腐を食べる。

調理時間:10分以内

主な材料:木綿豆腐、豆乳、昆布だし、カレー粉、塩

調理の流れ:食べやすい大きさに切った豆腐、昆布だしを入れた鍋を火にかけ煮る。豆腐が温まったら、豆乳を加えてさっと加熱する。カレー塩をつけながら食す。

出来上がった料理:昨日から引き続き「第2章 続・おとうふは免罪符」より豆乳を使った鍋を作る。手のひらの上にお豆腐をのせて、包丁で切れば洗い物も少なくて済ませられるし、例のごとくスプーンですくって鍋に入れるのもよい。カレー粉と塩を混ぜ合わせたものにつけて食べると、豆腐の甘みが引き立ちカレー粉の食欲をそそる香りもあいまって、いくらでも食べられそう。レシピ上、〆はリゾットを勧められているが、豆乳出汁で煮た冷凍うどんをポン酢で食すのも美味。深夜ごはんで湯豆腐の次にお米やおうどんを食べるのは少し気が引けるので、夕ご飯と呼べる時間帯にぜひお試しあれ。

f:id:mutsuki:201702sms

白い豆乳昆布だしのまにまに浮いているお豆腐の温まって少し角が丸くなっているのがかわいらしく、白×白の取り合わせが気持ちを穏やかにしてくれる。

春なので髪をほんのり紫色がかった茶色にした。しっかり色を入れたいところを、刈り上げたいのを我慢。アシンメトリーボブなど久しぶりにしてみたいけれど、今の職場では難しいので、目下のところむくむくと妄想を育てている。

<ごはん日記>