読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300と数十日の食卓

食べること,本を読むこと,音楽をめぐる時間

26冊目『野菜のごちそう』から4回めは怪味味噌ラーメン

料理本 レシピ再現

[26-4]『野菜のごちそう』より4回めは怪味味噌ラーメン(p.98~)

 宮本しばに著、株)旭屋出版発行、 撮影 野口さとこ 宮本しばに、編集 松成容子、design 有)コーズ、  2013年11月1日初版発行

夜から久しぶりに雨が降り出した水曜は、久しぶりにおうちラーメンを作る。

調理時間:10分以内

主な材料:[怪味ソース]練りごま、しょう油、砂糖、酢、ごま油、ラー油、香味野菜 [味噌ラーメン]中華麺、日本酒、味噌、トッピングの野菜など

調理の流れ:[怪味ソース]練りごまに砂糖を混ぜてから、他の液体調味料を少しずつ加えてのばす。[味噌ラーメン]トッピングの野菜を準備する。鍋に入れた水が沸騰したら日本酒と怪味ソースを加えて再沸騰させる。火を止めてから味噌を溶き入れ、丼に茹でた中華麺、スープ、トッピングを盛りつける。

point:練りごまに調味料を混ぜる際は液体を一気に入れるよりも、しょう油などを少しずつ加えていくるほうが、溶きやすい。ごま油とラー油は最後に。

出来上がった料理:「第3章 塩分・オイル味」から先ずは四川のソースを作り、アレンジレシピの味噌ラーメンを再現した。動物性の材料はいっさい入らないのでとても優しいお味に仕上がる。最初の一口二口はなんだか物足りないなぁと感じられるかもしれないけれど、麺を食べ終わりスープまで飲み進めた時に、ほおっとため息がでる美味しさ。こういうものを口にすると普段、いかに添加物や、パンチの効いた味のものを食べているのか気づく。

f:id:mutsuki:201703kmr

トッピング以外はほぼ包丁を使わない上に、練りごまとお味噌の栄養分も摂れるので、深夜ごはんにも夜食にも使える。

酔っぱらうと〆にラーメンが食べたくなり、翌朝深く後悔するはめに陥ることが多々有るが、これからはもう大丈夫。いや、だいたい深夜に食べなきゃいいじゃんと突っ込まれそうだが、そういう理屈を越えたところにあるのが酔っぱらい(笑)

雨のしめった香りが換気扇を通して部屋に入ってくる。雨が空からぽつぽつ降ってくるのが好きなので、天気予報に傘マークがついていても気にならない(着物をきる機会は別として)。以前の職場で廊下を歩きながら上司と「雨が好きなんは農耕民族やなぁ、私は狩猟民族なので嫌いやわ」という会話を交わしたことが時々ふと思い出される。自分だけでは知り得ない、気がつけないことが他の人によって明快になる瞬間があって、人と交わるのは面白い。

<ごはん日記>