読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300と数十日の食卓

食べること,本を読むこと,音楽をめぐる時間

28冊目『ごはん同盟のほぼごはん弁当』から6回めはハーブチキンソテー弁当

[28-6]『ごはん同盟のほぼごはん弁当』より6回めはハーブチキンソテー弁当(p.30~)

 しらいのりこ著、社)家の光協会発行、 撮影 キッチンミノル、スタイリング 久保原恵理、デザイン 根本真路、  2017年2月1日初版発行

今週末が都内でのお花見に最適という予想を裏切り、どうやら来週が良さそうな気配が漂いだした水曜は鶏肉を食べる。

調理時間:10分以内(副菜は常備菜とし、鶏肉をつけこむ時間をのぞき)

主な材料:(主菜)鶏もも肉(一口大に切る)、にんにく(薄切り)、ドライバジルなど。(副菜)ズッキーニ(半月切り)、なす(半月切り)、玉ねぎ(大きめの角切り)、トマト(ざく切り)、にんにく(みじん切り)、赤唐辛子など

調理の流れ:(主菜)鶏肉に調味料をよく揉み込み密閉容器に入れ1時間以上冷蔵庫で寝かせる。フライパンで皮目を下にした鶏肉を焼き、皮にしっかり焼き色がついたら裏返しふたをして焼く。(副菜)オリーヴオイル、にんにく、赤唐辛子を入れたフライパンを香りが立つまで熱し、白ワイン、玉ねぎ、ズッキーニ、なすを入れて柔らかくなるまで炒める。トマトを加え水気が飛ぶまで炒め味を整える。

出来上がった料理:「第1章 おかず2品で作る白ごはん弁当」より前夜に鶏肉を調味料に漬込んでおけば、朝にぱっと作れるお弁当を再現した。鶏肉を使ったお弁当のおかずといえば、唐揚げや照り焼きなどが人気があるが、少しひねってオイル、バジルとにんにくで漬込むことで香り立つイタリア風の焼き鳥となる。ラタトゥイユと交互に食べても、一緒に食べて味に変化をつけても美味しいお弁当。

hcsb

簡単なのに、ほどよいよそ行き感があるのでお花見の持ち寄り弁当のおかずとしても使える。ぜひ白ワインと一緒に。

もうすぐに3月も終わる。別れや出会いが詰まった季節にタイトルから秀逸な「ぼくらが旅に出る理由」をスカパラ、池ちゃんも登場する安藤優子versionで。

〜ぼくらの住むこの世界では 旅に出る理由があり 誰もみな手をふってはしばし別れる そして毎日はつづいていく 丘を越え僕たちは歩く〜

安藤裕子 / ぼくらが旅に出る理由(from LIVE DVD「秋の大演奏会」)

 (昨夜更新するつもりが、途中で寝てしまったので、木曜朝に書き足しての更新となった(笑))

<ごはん日記>