300と数十日の食卓

食べること,本を読むこと,音楽をめぐる時間

43冊目『おうちで美味しい韓国ごはん』から3回めは韓国風ナポリタン

[43-3]『おうちでおいしい韓国ごはん』より3回めは韓国風ナポリタン(p.129)

重信初江著、 株)主婦の友社発行、 デザイン 釜内由紀江、清水圭、撮影 土屋哲朗、山田洋二、佐山裕子、スタイリング 二野宮友紀子、坂上嘉代、編集 町野慶美、 2017年8月31日初版発行

雨が止んでいる間に外を歩いているとうっすら汗をかくけれど、降り出すと肌寒いというアウター選びに悩む金曜はストック食材で出来る麺料理を。

調理時間:20分以内 

主な材料:1.7mmほどの太めのスパゲティ、薄切り玉ねぎ、薄切り赤パプリカ、斜め切りウィンナー、粒コーン、スライスマッシュルーム缶、コチュジャン、トマトケチャップなど

調理の流れ:スパゲティは外装の時間通り茹で、ざるにあげ油をまぶす。(*茹で汁少々はとって置く)野菜とウィンナーを切る。油を引いたフライパンに玉ねぎとウィンナーを入れてしばらく炒めてから、赤パプリカを加えてさらに炒める。全体に油が回ったら調味料を入れて全体を混ぜ合わせながら炒める。スパゲティの茹で汁とスパゲティを加えてさらに炒め、麺がソースに絡んだらコーンとマッシュルームを入れてサッと混ぜる。

出来上がった料理:「第5章 一皿あれば大満足の味!シンプルに味わうごはんとめん」より、初めて作る、初めての味、韓国風ナポリタンを再現した。

調理の流れで記した手順でケチャップとコチュジャンを入れるタイミングが本書のレシピとは異なるが、赤い調味料を具とともに先に炒める方がケチャップの甘さ、コチュジャンの辛さを引き出せるし、麺にも絡みやすいように感じられたのでそのようにした。辛みについては舌が相当麻痺しているので、ほぼ感じられなかったが、全体としてキリッとしまった味に仕上がった。それよりも粒コーンの甘みがナポリタンのピリ辛さを際立たせていて、歯ごたえも面白く、なるほどね、これは美味しい!と納得させられる。

f:id:mutsuki:201710kns

黄色がアクセントになるので、今度定番のナポリタンにも粒コーン缶を入れてみよう。

 

近所に流れる本当に小さなせせらぎがあって、夏祭りの翌日から赤い金魚が10匹程度泳ぎ出すようになった。屋台ですくったものの家庭では飼えなくて放流したのだと想像するのだが、最初は群れをなしていたのに季節を越えてだんだんと数が少なくなり、今日目視で確認できたのは2匹だけだった。数は少なくなってもたくましく泳いでいる姿をみると安心して、いつもふぅんわりと元気をもらえる。越冬できるかな。できれば良いな。

この週末は台風が来るようで、予定のある人、お仕事の人には厄介だろうけれども、大切な家族や好きな人、友だちと同じ空間を共有したり、美味しいものを一緒に食べられる時間が訪れますように。そして、ひとりはひとりで過ごせるならではの良さもある。素敵な休日を。

<ごはん日記>

 

 

 

 

43冊目『おうちで美味しい韓国ごはん』から2回はプデチゲ風ラーメン

[43-2]『おうちでおいしい韓国ごはん』より2回めはプデチゲ風ラーメン(p.127)

重信初江著、 株)主婦の友社発行、 デザイン 釜内由紀江、清水圭、撮影 土屋哲朗、山田洋二、佐山裕子、スタイリング 二野宮友紀子、坂上嘉代、編集 町野慶美、 2017年8月31日初版発行

都内の最低気温が10度を下回った朝は気温よりも雨が冷たくて、そんな日には温まる麺料理を。

調理時間:10分以内

主な材料:ザク切りキャベツ、斜め薄切りねぎ、斜め薄切り魚肉ソーセージ、そぎ切りさつま揚げ、醤油味インスタントラーメン、コチュジャン、白菜キムチ、ピザ用チーズ

調理の流れ:野菜、魚系の練り物、キムチの順に切る。鍋に湯を沸かし、ソーセージ、さつま揚げを入れ、再び沸騰したら麺を加え、一混ぜしてからコチュジャンを溶き入れる。麺がやわらかくなりかけたらキャベツ、ネギを加えて火を止め、添付のスープの半量を加え混ぜる。器に盛り、キムチ、チーズをのせる。

出来上がった料理:「第5章 一皿あれば大満足の味!シンプルに味わうごはんとめん」より、普段は鍋料理として馴染みのあるプデチゲをより手軽に味わえるラーメンを再現した。

ランチョンミートやソーセージを入れることが多いプデチゲと異なり、このレシピでは具材を魚肉ソーセージとさつま揚げという魚のすり身でまとめる。豚生肉を使わないと、包丁とまな板の消毒も気を使わなくて良くて、それだけでかなり楽ちん。これからくるおでんの季節には冷蔵庫にさつま揚げがあることも多くなるだろうから、たまには韓国風にアレンジしてみては。

肝心のお味。コチュジャンスープで煮込んだ練り物は、フニフニと柔らかく、口に入れると辛みとともにすり身独特の旨みが広がって、とても美味しい。キムチの酸味は欠かせないし、スープに溶け込んだチーズの濃厚なコクも相まって、鍋じゃなくてラーメンとしてならより時短で簡単に作れ、この幸福な満腹感をもたらしてくれる、本格的に寒くなる前にはもってこいの一品。

f:id:mutsuki:201710pkr

レシピの材料の他にニラも入れると、緑で見た目は随分引き締まる。 

 

旅行から帰ると、5年間以上ほとんどやりとりをしていなかった友人や知人より立て続けに連絡が入り、覚えてくれていたこと、頼ってくれることが嬉しくて、ツテをたどりつつなんとか諸々のご要望に応えたり、予定を淡々とこなしているうちに気がついたら木曜になっていた。

 今夜もやったが、ぺらんぺらんに酔っ払ってメッセージに返信する癖は治そう(朝スマートフォンを確認してビックリするから)。いや、その前に、ひといきついた途端うずき始めた頭痛を治そう。

<ごはん日記>

 

 

 

43冊目『おうちで美味しい韓国ごはん』から初回はキムチチム

[43-1]『おうちでおいしい韓国ごはん』より初回はキムチチム(p.60)

重信初江著、 株)主婦の友社発行、 デザイン 釜内由紀江、清水圭、撮影 土屋哲朗、山田洋二、佐山裕子、スタイリング 二野宮友紀子、坂上嘉代、編集 町野慶美、 2017年8月31日初版発行

予想通り気温ががくんと下がった金曜は、これから食べたくなる韓国料理を。

調理時間:1時間ほど(豚肉の血抜き時間を含め)

主な材料:白菜キムチ(あれば古漬け、かつ株のまま)、豚スペアリブ、水、酒、醤油。

調理の流れ:スペアリブをたっぷりの水につけて血抜きをした後水気をきる。フライパンにスペアリブ、調味料を注ぎ、肉の上にキムチを覆い被せる。蓋をしてコトコト煮込む。株のままのキムチを使った場合は、皿に盛る前にキッチンバサミなどでキムチを食べやすい大きさに切る。

出来上がった料理:「第2章 韓国料理が毎日のメインディッシュに!ごはんがすすむ!肉&魚のおかず」より、発酵が進み酸っぱくなったキムチと豚肉を一緒に煮込むだけで出来上がるどっしりした旨みが漂う料理を再現した。

豚スペアリブを水につけて血抜きするのは初めてだったが、30分ほどおくと底がうっすらピンク色になるほど血が流れ出て、(恐らく吸水することで)肉もびっくりするほど柔らかくなる。調べてみると、この下処理は韓国ならではのものだそう。

さて、下処理や煮込み時間は少しばかりかかるけれども、私にとっては数ある常備食材のひとつがキムチで、うっかり使い切れずに残っていたものを極うま料理に化けさせることが出来るとてもありがたいお料理。コトコト煮込んでいる時の香りだけでお腹が空いてくるし、出来上がったものを口に含むと最初はキムチの酸味が強く感じられるが、後になってスペアリブの濃厚な旨みと入り混じって、強烈な美味しさが広がる。

f:id:mutsuki:201710kc

これはごはんがすすむ。残ったたれに冷凍うどんを入れてさっと煮ても美味しそう。

 

ご近所さんの庭に植わっている金木犀が香る季節。この香りを吸い込むと、幼稚園〜小学生くらいまで週末になると預けられていた母の実家が鮮明に思い出され、あの頃は金木犀の香りのガム(ロッテのeve)も売られていたっけな。金色の紙パッケージも好きだったとあれこれ記憶が連鎖的に繋がっていく。思春期になるまで、よその家にいるとここは私の場所じゃないという感覚が不意に強く湧き上がってきて、そんな違和感を感じる自分を持て余すことが多かったのだが、あれはなんだったのだろうと考えながら朝の街を散歩していたら、久しぶりにあの感覚に襲われた。ここじゃない、どこか。子どもの頃と違って今感じる違和感は、自分の中でまとめる、区切る時期がそろそろきた、諦めきれずにずっと追い続けたものは身の丈にあっていないものだとようやくわかり、次に挑戦しようと振り切れたから生まれたもの。動き出す前にと(来月も旅に出る予定だが)今月の旅行を2件アレンジしたので、来週頭の1〜2日間ほどblogは休みます。

急に寒くなったものの、秋はどのくらい残っているんだろう?と首を傾げたくなる今年の10月。こころもからだもよろこぶ休日になりますように。

<ごはん日記>

 

 

 

42冊目『10文字の魔法でプロの味』から最終回はしょうが焼き

[42-7]『10文字の魔法でプロの味』より最終回はしょうが焼き(p.71)

さわけん著、 株)主婦の友社発行、 デザイン FLY、撮影 横田裕美子、スタイリング 鈴木尋巳、編集 辻岡直美、 2014年12月10日初版発行

30度近い気温が続いたけれど、明日は最高気温が10数度という予想でいよいよ衣替えした木曜は定番ものを。

調理時間:10分以内

主な材料:豚ロース肉、おろし生姜、サラダ油、つけ添えの野菜(千切りキャベツなど)[合わせ調味料] おろし生姜、醤油、砂糖、水、酒、片栗粉 

調理の流れ:キャベツは千切りに、それ以外の野菜はお好みの大きさに切り皿に盛り付ける。生姜をすりおろし、調味料を混ぜ合わせる。豚肉におろし生姜と合わせ調味料の一部を加え揉み込みしばらく置く。サラダ油を入れたフライパンに豚肉を入れて色が変わるまでサッと炒めたら、一旦取り出す。残りの合わせ調味料をフライパンに入れ煮立たせたら肉を戻し入れ、煮絡ませ、皿に盛る。

出来上がった料理:「第3章 白いごはんがすすむ!がっつりボリューム感 お肉メニュー12」より、もみこんでやわらか〜しょうが焼きを再現した。

おろし生姜を豚肉に揉みこむと、酵素の働きで肉が柔らかくなる作用を使う定番料理。豚の脂を馴染ませた醤油ベースの甘じょっぱいお味を片栗粉のトロミで閉じ込めて、豚肉に絡ませると、んんんんん。これ、これ!この味ってやっぱり美味しいよねと納得させられる。

今回は付け合わせに千切りキャベツをたっぷりとのせ、ピーマンの塩昆布和え、野菜室にあった残り野菜をトマトソースで煮たものなど、どれも5〜10分以内で作れる副菜を添えてワンプレートでそれなりに栄養のバランスも取れるようにしたが、疲れているときならしょうが焼きがしっかりと美味しく出来上がるから、キャベツとミニトマトで十分。

f:id:mutsuki:201710gps

ランチに定食屋さんに行くと旬の魚のフライとどちらを選ぶか悩むのがしょうが焼き。家では揚げ物をほとんどしないので、フライに軍配があがることが多いのだけれど、それでもお昼に食べたくなるメニュー2位を常に保っているくらいに好きな料理。

まとめに代えて:最近テレビなどでもご活躍のさわけんことさわだけんじ先生のレシピ集『10文字の魔法でプロの味』を再現した。

前置きで書かれているが、お家で作る料理はできるだけ手間をかけずに、でもきちんと美味しく作れることが一番で、だから本書では最も面倒な「切る」ことをできるだけ省いてある。ほとんど包丁を使わずに扱える食材を用いたり、カット野菜や缶詰も賢く使うことで、料理するなんて億劫だという気持ちが少しでも軽くなればそれで良いんだと。

さわけん流料理の基礎は、①良いレシピを知り、何回も作ること。最初はきちんと手順を守り、計量してレシピ通りに作ること。②まず揃えるべき道具10つ。③大切な基本的調味料6つ。④味の構図を覚えよう。ベースのうまみ+塩分+香りなどのアクセント(+濃度)。⑤野菜の切り方(人参を使い基本的な切り方6つを写真付きで解説)

お料理することに慣れていない人にとっては簡単に、ベテランにとっては、え??と驚きをもたらす手順も出てくるので発見があり、人気料理が美味しく作れる一冊。辻調理師専門学校で長らく講師を担当されていたこともあり、分量の指定が小さじ1/8などとても細かかったりするが、少量でも加えることで味は確実に変わることを実感できるから省かずに作ってみよう。

全体的にさわけん色が出ていて良い本。

 

さわだけんじ先生には辻調ではなく、東京の料理教室で大変お世話になった。イタリア料理、インド料理にお肉の焼き方、レシピの作り方など幅広く教えていただいたが、教室も卒業し、もう接点は無いと思っていたら以前の勤務先にTV取材で来られたので驚いた。それがきっかけで本書を取り上げたのではなく、長く使えると感じた良書にもっと焦点を当てようと、このblogのあり方を考え始めたのが理由のひとつ。これまでも取り上げる本は慎重に選んできたつもり(笑)だし、これぞ絶対に買うべき本!とはなかなか巡り会えないので、これからも試行錯誤を重ねよう。

<ごはん日記>

 

 

 

42冊目『10文字の魔法でプロの味』から6回めはさばのみそ煮

[42-6]『10文字の魔法でプロの味』より6回めはさばのみそ煮(p.82~)

さわけん著、 株)主婦の友社発行、 デザイン FLY、撮影 横田裕美子、スタイリング 鈴木尋巳、編集 辻岡直美、 2014年12月10日初版発行

あまりに暑くて朝から洗濯ものが多い水曜は、これでも10月だと思い出させる、ぽってりとした日本の秋の味を。

調理時間:10分ほど 

主な材料:さば、昆布、薄切り生姜、酒、砂糖、みりん、筒切りねぎ、豆腐、ししとう、合わせ味噌など

調理の流れ:昆布を水に浸し、野菜を切る。さばを半分に切り、塩を入れた熱湯にサッと浸し霜降りし、水洗いする。フライパンに昆布、水、生姜、味噌以外の調味料、さば、ねぎ、豆腐を入れ落し蓋をして加熱する。しばらく煮た後、ししとう、煮汁で溶いた味噌を加えてとろみが出るまで煮る。

出来上がった料理:「第4章 意外と簡単!お魚メニュー8」より、骨つきでうまみを出すさばのみそ煮を再現した。

塩入りのお湯にくぐらせて霜降りにすることで、秋が旬のさばの旨みを中に閉じ込め、煮崩れしにくくし、煮込み時間を短縮させるのがポイント。青背の魚は好き嫌いもあるので、ねぎ、生姜の香味野菜でしっかり臭みを消しながら煮込み、煮汁で柔らかく溶いた味噌を加えてサッと煮るだけで、おいしい美味しいみそ煮が出来上がる。和風の魚料理はなんだか手間がかかりそうだという印象をさあっと吹き飛ばしてくれる簡単・美味レシピ。

レシピで豆腐の指定は特になかったが、好みで焼き豆腐を、ししとうの代わりに満願寺唐辛子を使った。

レシピに書いてある作業をする上で、どういう効果があるのかな?と考えながら料理をすると、そうか、このワンステップを経るだけでぐんと美味しくなるんだと納得できるし、料理の腕前も上がり、もっと料理が楽しく、好きになると思います。

f:id:mutsuki:201710sms

鯖の味噌煮には誰がなんと言おうともピカピカに光った白いごはん。秋はごはんがおいしいな。

 

いま通っているジムは難易度の他に、最新ヒット、ハウス、ヒップホップ、ソウルにレゲエなど流れてくる音楽も選べるのだが、初めてrockがBGMのレッスンをとった。Nirvanaの"Smells like teen spirit"、Bon Joviの"Livin' on a prayer"(意識が半分飛んでいて定かでない)など、それなりに良いスピーカーから流れてくる音を聴いているだけで体がいつもより(ノッているぶん無駄に(笑))動かせる。やっぱりrockはいいなぁで終わると思いきや、最後にインストラクターが「普段みなさんrockは聴かれないかもしれませんが…」とレッスン内容を解説し始めて、え?なに?みんなrockは聴かないの?と驚愕。そういえば今よく耳にする、あいみょんの「君はロックを聴かない」なんてそのものだ。女性ヴォーカルが歌い上げているのだが、「僕の心臓のBPMは190になったぞ」なんてことばも含む男性の視点で綴られた恋心が切ない一曲。映画、音楽や本を通じて、できれば大事な気持ちを共有したくなるものだし恋愛とは深く結びついてるから、ことばの奥にある心情には深くうなずける。

〜君はロックなんか聴かないと思いながら あと少し僕に近づいて欲しくて ロックなんか聴かないと思うけれども 僕はこんな歌であんな歌で 恋を乗り越えてきた〜


あいみょん - 君はロックを聴かない 【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

<ごはん日記>