読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300と数十日の食卓

食べること,本を読むこと,音楽をめぐる時間

28冊目『ごはん同盟のほぼごはん弁当』から2回めは豆腐チャンプルー弁当

[28-2]『ごはん同盟のほぼごはん弁当』より2回めは豆腐チャンプルー弁当(p.24~)

 しらいのりこ著、社)家の光協会発行、 撮影 キッチンミノル、スタイリング 久保原恵理、デザイン 根本真路、  2017年2月1日初版発行

空はすっかり春の色、少なくとも日中はあたたかくなってきた木曜は沖縄風のおかずの入ったお弁当を作る。

調理時間:10分以内

主な材料:木綿豆腐、片栗粉、豚肉細切れ、もやし、人参(千切り)、長ネギ(斜め薄切り)、ニラ(食べやすい長さに切る)、溶き卵、ナンプラー、かつお節、ごま油など

調理の流れ:(主菜)お豆腐は水切りした後、片栗粉をまぶす。フライパンにごま油を熱し、お豆腐の表面がぱりっとするまで焼いた後、加えた豚肉の表面に焼き色がついたら野菜を入れて炒める。全体に油がまわったらナンプラーをまわしかけ、溶き卵を加えて炒め、こしょう、かつお節を加える。(再現しなかった副菜)蛇腹に切ったきゅうりを塩水につけた後、塩昆布と米油であえる。(代わりに作った副菜)身体を冷やすきゅうりの代わりにスナップエンドウを塩ゆでにした。

出来上がった料理:「第1章 おかず2品で作る白ごはん弁当」より、炒めたかつお節の美味しさが染み入ったお豆腐にうっとりするチャンプルーを作る。豚肉から出るコクにナンプラーが深みを与え、仕上げにかつお節をたっぷり加えることにより、お出汁無しでも野菜、お豆腐、卵すべてに旨味がいきわたる。

沖縄料理は気温、湿度が似ているタイの調味料と相性がよいようだ。覚えておこう。

f:id:mutsuki:201703tcb

この豆腐チャンプルーだけで泡盛がくいぃっと飲めそうだけれど、それはまた別の機会にとっておいて、ご飯と一緒にはむはむ食べて幸せになる。

那覇に行くと必ず訪れるのはソーキそば、タコライスハンバーガーの専門店と琉球料理のお店。5年以上前、観光客向けではなく地元の人行きつけの定食やさんで食べたソーメンチャンプルーの味が未だに忘れられない。本州ではなく沖縄で食べるからこそ格別なのだとわかっているので再現することはとうに諦め、いつかまた行ける日を心待ちにする。

f:id:mutsuki:20170323192213j:plain

f:id:mutsuki:20170323192225j:plain

<ごはん日記