読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300と数十日の食卓

食べること,本を読むこと,音楽をめぐる時間

31冊目『自由学園の最高の「お食事」』から7回めはさけの蒸し焼き

[31-7]『自由学園の最高の「お食事」』より7回めはさけの蒸し焼きなど(p. 40~)

JIYU5074Labo著、)新潮社発行、 撮影 青木登、ブックデザイン 吉村亮 大橋千恵、協力 自由学園 2017年3月30日初版発行 

木曜日の仕事上がりに更新するつもりがハプニングに見舞われ、一日遅れで魚料理を。(料理よりも睡眠を優先したいので、本日分の更新はしません。悪しからず)

調理時間:20分ほど

主な材料:(主菜 さけの蒸し焼きp.40) 生鮭、玉ねぎ(薄切り)、ベイリーフ、酒、マヨネーズ (汁物 ジュリアンスープp.86) 玉ねぎ(薄いくし切り)、にんじん(千切り)、キャベツ(千切り)、スープの素、塩など

調理の流れ:(主菜) 鮭に塩をふりしばらく置き、出てきた水気は拭う。フライパンに油を熱し鮭を皮目を下にして入れ、コショウ、玉ねぎ、ベイリーフを上にのせ酒をふりかけた後フタをして蒸し焼きにする。出来上がりを皿にもりマヨネーズを添える。 (汁物) 鍋に水とスープの素をいれて火にかけ、煮立ったらにんじん、玉ねぎ、キャベツの順に加えいれ、再沸騰したら味を整える。

出来上がった料理:「主菜 魚」の章よりローリエの香りがほのかに漂う鮭を、自家製マヨネーズで頂く一品と、にんじんの千切りさえ出来れば後は柔らかいキャベツと玉ねぎを刻むだけでほぼ完成する彩りのよいスープを再現した。

塩鮭は便利だけれど、料理の素材として塩の加減がわかりにくい場合があって、だから手に入るようなら自宅で生の鮭に塩味をつけるほうが扱いやすい。ベイリーフのほのかな香りに、お酒をふりかけて蒸すことでしっとりやわらかで、あっさりとした味に仕上がった鮭はレシピ通りに自家製マヨネーズを添えるのは勿論、お好みで塩のみの味付けにしたり、バターを少々のせても美味。

「お汁・スープ」の章からは、ジュリアンスープを再現した。フランス語の千切りがジュリエンヌ(julienne)なので、千切り野菜を使ったスープ=ジュリアンスープとなる。スープの素を入れた水を沸騰させ火の通りにくそうな野菜から入れていく。生でも食べられるキャベツは5秒くらいでしゃりしゃり食感をのこして仕上げられるが、お好みの固さでどうぞ。スープの素を使うので出汁要らず。でもがんばって千切りにした分、野菜のそれぞれの持ち味をいつもよりちょっと贅沢な気持ちで味わえる美味しいスープ。

f:id:mutsuki:201705ss

レシピにスープの素と記されているときは、無添加の鶏ガラスープ(顆粒)を使うことが多い。使う料理を選ばないし、どこのメーカーのものを使ってもさほどブレないので。


昨日は仕事を終えてから、米語ならではの日付の読み方から派生した"May the 4th be with you" Star Wars dayのことを書こうとしていたのだけれど、トラブルに見舞われ今になっての更新となった。

大型連休のおかげでゆるりとしたペースで仕事を終え、帰宅すべく某駅の構内通路を歩いていたら、唐突に右足裏に激痛が走る。何が起こったのだろうと靴底を見ると鉄製の何かが突き出ている。通路脇に避けて自分でなんとか引き抜こうとしたが、分厚いスニーカーソールを貫通し、足裏まで刺さっているものが簡単に取り除ける筈も無く、あえなく救急車で救命センターへ搬送されることになった。何も起こらなければ23時過ぎには帰宅できていた筈なのに、雑踏の中たまたま踏み出した私の右足の下に長くて太い画鋲のようなものが落ちていて、偶然にも針が上に向いていたこと、幸運にも厚手ソールのスニーカーを履いていたこと、拇趾部分だったので骨は損傷せずに済んだこと、いろいろ神懸かり的な確率で自分の身の上に起ことだと考えながらレントゲン、CT検査、処置を受けていたら、自宅のドアを開けられたのは午前2時近くになっていた。あと少しでいつもの毎日を終えられた筈だったのになぁ。まぁ今日も少し足を引きずるくらいで仕事が出来たし、土日もこのまま乗り越えられそうな程度で済んだからよし!

ともかく、あのなんだかよくわからないものを踏んだのが、お年寄りやお子さんでなくて良かった。

みなさま、休日はくれぐれも健やかにお過ごしください。

<ごはん日記>